読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

御在所山

過去に中道ルート、武平峠からのルートを登ったことがある。
今回は、地図を見て急峻と思われるルートを選んだ。


場所

大きな地図で見る


ルート
途中まで登れたが、ロッククライミングでないと登れない箇所で引き返した。


写真
正面に聳える尾根を登っていきました。


尾根までは沢伝いに進めました。



目標の尾根の取り付き地点に到着しました。


沢の出合になっています。
右の沢は国見峠に続いています。
左の沢の右岸はロッククライミングのスポットになっているようです。


取り付いてしばらく登ると、登山道に出くわしました。


先ほどの左沢の右岸の岩壁に、クライマーが見えました。


今登っている場所も、岩が多いです。



この辺から上に進むには、ロッククライミングが必要のようです。
諦めて引き返しました。


景色を眺めていると、先ほどの右沢の左岸に、登山道らしき道が見えました。


先ほどの左沢の先は、藪伝いに登れるように見える。


登山道を下ると、左沢に降り立ちました。