読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山陽道の渋滞(上り:岡山JCT→淡河PAの数箇所)

愛媛県から松山道→瀬戸大橋山陽道を経由して自宅に帰る予定だったが、あまりの渋滞に途中で挫折して、淡河PAで車中泊した。
三連休の渋滞は土日のみの連休の渋滞より規模が大きいのはわかっていたが、予想以上に疲れた。
瀬戸大橋から淡河PAにたどり着く間に渋滞箇所が数箇所あった。さらに道路掲示板には、宝塚西TN付近で25kmと表示されていた。
土日のみの連休ならば宝塚西TN付近で10km前後で済み、瀬戸大橋から淡河PAまでで渋滞箇所はない。
渋滞で時間を浪費するより、睡眠時間を確保したいため、淡河PAで車中泊した。


初めて淡河PAに到着してわかったが、淡河PAの駐車可能台数は普通車よりもはるかにトラックの方が多い。
トラックの駐車場はすべてトラックで埋まっていた。
普通車の駐車もほぼ埋まっていた。


0時に目を覚まして渋滞情報をチェックすると、宝塚西TN付近はまだ渋滞しているようだった。
3時に目を覚まして再度チェックすると、渋滞はすべて解消されたようだった。
寝る前は晴れていたが、3時には雨が降っていた。
雨が降っている中、霧が路面付近を彷徨い、
走り慣れた山陽道とは別の高速道路に思え、緊張感があった。